ホーム国内

ガーナ人「外国籍理由に生活保護却下は違法」千葉市提訴

By NewsMore: : 5,704
コメントを書く・見る

毎日新聞によると、外国籍であることを理由に生活保護申請を却下したのは生活保護法に反するとして、千葉市のガーナ国籍の男性(31)が14日、市に処分取り消しを求める訴訟を千葉地裁に起こした。

毎日新聞

訴状などによると、男性は日本語などを学ぶために2015年に来日、日本語学校を卒業した。就労ビザを取得してパン屋で働いていたが慢性腎不全などを患い、週3回の透析治療が必要となった。20年に治療を目的とする在留資格を得たが、仕事ができず頼れる親族もいないため、21年11月に市に生活保護を申請した。市は12月、同法1条に規定する国民に準ずる在留資格がないなどとして申請を却下した。

14年、最高裁は生活保護法の適用対象となる国民に外国人は含まれいと判決を出した。だが、原告側は「日本国内に住む外国人を広く含むと解すべき」と主張している。

コメントを書く・見る
NewsMoreは、フェイクニュースメディアが報じない「真実」お伝えするニュースブログです。SNSアカウントのフォローをお願いします。
@NewsMore
人気の記事