ホーム政治

野党 スリランカ人女性死亡の件 集中審議へ

By NewsMore: : 6,820
コメントを書く・見る

野党は入管施設でスリランカ人女性が死亡した件を来年の通常国会で取り上げる方針だ。

この件について忘れてはならないのは、スリランカ人女性は不法滞在者で収容中ストライキを決行しており、速やかに強制送還に応じれば事態が防げていた。

広告-以下に続く

時事通信が報じた:

名古屋出入国在留管理局(名古屋市)の収容施設でスリランカ人女性ウィシュマ・サンダマリさん=当時(33)=が死亡した問題で、収容中の様子を記録した監視カメラ映像が24日、衆院法務委員会に非公開で開示された。

これを受け、立憲民主党など野党側は、来年1月召集の通常国会で集中審議を求める方針だ。

広告-以下に続く

開示された映像は6時間26分。野党筆頭理事の階猛衆院議員(立民)によると、寝たきり状態のウィシュマさんに対し、入管職員が無理やり口の中に食べ物や薬を押し込むといった行為が繰り返されていたという。

階氏は映像を視聴後、記者団に「(同局の)職員のやっていることは拷問で、常識から逸脱している」と批判。年明け以降、国会での集中審議が必要との考えを示した。

広告-以下に続く

これに対し、与党筆頭理事の葉梨康弘衆院議員(自民)は、出入国在留管理庁がこの問題について8月にまとめた報告書と映像の内容を比較し、「事実に齟齬(そご)はないという印象を受けた」と語った。

コメントを書く・見る
NewsMoreは、フェイクニュースメディアが報じない「真実」をお伝えするニュースブログです。SNSアカウントのフォローをお願いします。
@NewsMore
人気の記事