ホーム国際

北朝鮮発射のミサイル マッハ10超えか

By Will: : 7,409
コメントを書く・見る

北朝鮮は11日午前7時27分ごろ(日本時間同)、内陸部から日本海に向けて飛翔(ひしょう)体を発射、日本のEEZ(排他的経済水域)の外に落下した。政府は「弾道ミサイルの可能性がある」と分析している。

産経新聞によると、今回のミサイルは音速の10倍に当たるマッハ10近くに達しており、北朝鮮が極超音速ミサイルだったとする5日発射のミサイルの速度を上回るという。

広告-以下に続く

産経新聞は以下のように報じる

韓国の聨合ニュースは、今回のミサイルが音速の10倍に当たるマッハ10近くに達したと伝えた。北朝鮮が極超音速ミサイルだったとする5日発射のミサイルのマッハ6程度を上回り、北朝鮮が今回も極超音速ミサイルの発射実験に成功したと主張する可能性がある。

5日の発射について韓国軍は、極超音速兵器の技術に達せず、一般的な弾道ミサイルとの見方を示した。ただ、弾頭部の変則飛行が認められ、北朝鮮が着々と技術を発展させている可能性が高く、日韓への脅威は日増しに高まっている。

広告-以下に続く

国連の安全保障理事会は米東部時間の10日、北朝鮮による5日の弾道ミサイル発射について非公開会合で対応を協議した。この直後に今回のミサイルが発射されている点について、産経新聞は「北朝鮮はミサイルの発射実験を『自衛権』と主張しており、国連会合の日程にぶつけることで、国際社会の動きを牽制(けんせい)する狙いがある」と伝えている。

10日の安保理では、今回も欧米と中露の足並みがそろわず、北朝鮮の挑発行為に態度表明ができない結果となった。読売新聞は安保理筋の話としてと、「欧米は北朝鮮のミサイル発射を非難したが、中露は北朝鮮への制裁緩和を求め、声明発表など安保理として結束した対応はできなかった」と報じる。

広告-以下に続く

今回の北朝鮮のミサイル発射を受け、岸田首相は、記者団に対し「「北朝鮮が継続してミサイルを発射していることは極めて遺憾だ」と語り、情報収集・分析に全力を挙げることを明らかにした。また、「国民に対して、迅速・的確な情報提供を行うこと」「航空機、船舶等の安全確認を徹底すること」不測の事態に備え、万全の態勢をとること」3点を指示したことも明らかにした。

コメントを書く・見る
NewsMoreは、フェイクニュースメディアが報じない「真実」をお伝えするニュースブログです。SNSアカウントのフォローをお願いします。
@NewsMore
人気の記事