ホーム国際

独メディア「人類をバカにしているのか」中国称賛のバッハ会長に

By Will: : 6,076
コメントを書く・見る

中国の徹底した新型コロナの感染対策に、北京五輪に参加する選手からは苦言の声が聞こえる一方、 国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は中国のゼロコロナ対策を称賛する。

EpochTimesが11日報じた内容によると、バッハ会長は独紙ディ・ヴェルト日曜版(Welt am Sonntag)のインタビューに応じ、「中国のゼロコロナ対策は防疫への懸命な取り組みの反映だ」と称賛した。同インタビュー記事の見出しは「人類をバカにしているのか、バッハさんよ」。

広告-以下に続く

EpochTimesは独メディアが批判するインタビュー内容を以下のように報じた。

北京五輪では一般市民や外の世界と物理的に切り離す「バブル式システム」(中国語は閉環管理)が採用される。昨年末のテスト大会に参加した一部の選手が、感じた不満や懸念を示した。

バッハ氏は、「一部の防疫規定に関してテスト大会中に問題が生じただけであって、改善される見通しだ」と問題がないことを強調した。

広告-以下に続く

同氏はまた、「北京の防疫措置は、昨年の東京五輪より厳しくなるが、北京のバブル内での交流はもっと気楽にできるはずだ」と評価した。

「新疆で起きた人権問題」や「IOCが中国で起きていることを見て見ぬふりしている」という質問についてバッハ氏は、「IOCには五輪以外の人権状況を評価する権限はない」「IOCの政治的中立の立場は国際社会から認められている」と回答した。

広告-以下に続く

バッハ会長が称賛する中国の「バブル式システム」は五輪の専用車両が交通事故に巻き込まれた場合、一般市民による救出を禁止するほどだ。

AFP通信が11日報じた内容によると、中国の公安部は「五輪の専用車両が交通事故に巻き込まれた場合、一般市民は救助に向かってはならない」と警告した。

広告-以下に続く

北京市公安局公安交通管理局は中国版ツイッターの微博(ウェイボー)で「冬季五輪の専用車両が交通事故を起こした場合、安全な距離を保つように注意を払ってください」とし、「大会関連の車両やスタッフとは接触せず、プロのスタッフが現場に到着するのを待つように」と投稿した。

「バブル式システム」について、大会組織委員会の当局者は11日、感染者が多数出ない限り現行の措置を維持する考えを示す。

コメントを書く・見る
NewsMoreは、フェイクニュースメディアが報じない「真実」をお伝えするニュースブログです。SNSアカウントのフォローをお願いします。
@NewsMore
人気の記事