ホーム国際

「韓国人が信頼する国家」日本はワースト2位 「協力すべき国家」北朝鮮下回る=世論調査

By Will: : 5,394
コメントを書く・見る

日本世論の大多数は韓国を信頼できない国家とみなし、無視できる存在だと考えている。幸いなことに、韓国の世論も同じです。

ソウル大アジア研究所が12日発表した世論調査結果によると、「韓国人が最も信頼し協力する必要性が高い国家」設問で日本はワースト2位、「韓国が最も協力すべき国家を問う」については北朝鮮を下回る結果となった。

広告-以下に続く

研究所は昨年12月、世論調査会社の韓国リサーチに依頼し、成人男女1031人を対象に米国、中国、日本、フランス、オーストラリア、ドイツ、タイ、ベトナムなど主要20カ国・地域に対する好感度などを調査。WowKoreaが調査結果の詳細を報じている。

結果、回答者の71.6%(複数回答)が「信頼できる国家」に米国を選んだ。

一方、日本と中国はそれぞれ13.3%、6.8%で、調査対象20カ国・地域のうち19位、20位を記録した。日本は歴史問題に対して心から反省していない点、中国は米国の高高度防衛ミサイル(THAAD/サード)の韓国配備に対する報復措置として、韓流コンテンツの規制を解除していない点などが反感を買っていると分析された。

広告-以下に続く

韓国が最も協力すべき国家を問う設問にも、最も多い回答者が米国を選び69.2%を記録した。中国は6.9%、北朝鮮は6.5%で最下位圏となり、日本は1.1%と北朝鮮を下回った。

また、「韓国と良い関係にあると考える国家」でも米国は68.2%でトップとなり、中国(9.6%)と日本(3.1)は最下位圏にとどまった。

広告-以下に続く

この世論調査を象徴するかのように、投開票まで2カ月を切った韓国大統領は与党候補の対日強硬派が支持率1位に立っている。

世論調査会社「韓国ギャラップ」が1月4~6日にかけて実施し、7日に公表された調査結果によると、「共に民主党」の李在明(イ・ジェミョン)候補が35.2%でトップ。李候補は過激な反日発言で知られ、「日本は敵性国家」「分断されるべきは朝鮮半島ではなく日本だった」などと語った。

広告-以下に続く

一方、 最大野党「国民の力」の尹錫悦(ユン・ソッキョル)候補は26%となっている。尹候補は、妻が経歴を詐称していた問題などの親族スキャンダルが足を引っ張り支持率が急落。

さらに、李俊錫(イ・ジュンソク)党代表との対立が原因で、陣営が統制不能に陥った結果、5日に選挙対策委員会を解散すると表明した。

広告-以下に続く

日本経済新聞は12日付の記事で、韓国大統領選について「与野党一騎打ちの構図が崩れつつある」とし、中道野党の安哲秀(アン・チョルス)候補と尹候補による「野党候補一本化」が選挙を左右すると指摘する。

安候補は7日の世論調査では支持率15%となっている。

日本経済新聞は「支持率が近接する3候補による三つどもえとなった場合、野党票が割れ、与党の李氏が漁夫の利を得る可能性が高い」とし、保守・中道の分裂を回避するため、「尹陣営内でも一本化を望む声が多い」と報じる。

さらに、「『本命不在』ともいえる接戦だけに、候補者の失言やスキャンダルで無党派層の支持は大きく振れる余地がある。野党側は世論の動向を見極めながら、ぎりぎりまで一本化の可能性を探るとみられる」とした。

コメントを書く・見る
NewsMoreは、フェイクニュースメディアが報じない「真実」をお伝えするニュースブログです。SNSアカウントのフォローをお願いします。
@NewsMore
人気の記事