ホーム国内

沖縄の地元紙、中国内の「反米感情」扇動に貢献

By Will: : 6,944
あなたの意見は?コメントを書く・見る

沖縄県内で新型コロナウイルスの感染が拡大する一方、共産党支配下の中国メディアは沖縄現地紙の報道を引用し、対米批判を繰り広げている。

沖縄現地紙は「米軍基地における感染率は世界で最も高いと推計される」といった米軍を批判的に報じる記事を頻繁に報じている。

広告-以下に続く

EpochTimesが14日報じた記事の内容によると、新華社通信や中国中央テレビ(CCTV)、環球時報などが沖縄現地紙の報道を引用し、中国国内へのプロパガンダとして発信しているという。

同記事では沖縄に対する中国共産党の浸透工作について触れている:

中国共産党が沖縄の反米感情の広まりを望んでいることはすでに外国の報告書で明らかにされている。フランス国防相傘下のシンクタンク「軍事学校戦略研究所(IRSEM)」が昨年11月に発表した報告書では、沖縄に対する中国共産党の浸透工作について記されている。

広告-以下に続く

「住民と駐沖縄米軍が対立するのは中国共産党にとって一石二鳥」「中国本土にほどなく近い沖縄は、地理的戦略目的が高く、分離勢力を煽って日本の中央政府から引きそらそうとする工作が続いている」。

メディアについても、「沖縄の米軍基地に反対する中国メディアの記事が、日本の左翼や平和主義者に共感されることはよくあることだ」と指摘されている。

広告-以下に続く

報告書はまた、中国共産党が海外で影響工作を行う具体的な手法として、国営メディアを使って海外でプロパガンダを放送するメディア戦略や自己検閲の強制、ネット工作員による世論操作、独立運動や平和主義者の利用などを取り上げた。

あなたの意見は?コメントを書く・見る
NewsMoreは、フェイクニュースメディアが報じない「真実」をお伝えするニュースブログです。SNSアカウントのフォローをお願いします。
@NewsMore
人気の記事