ホーム国際

カナダ、韓国のTPP加入「積極支持」

By Will: : 6,603
あなたの意見は?コメントを書く・見る

カナダ政府は、韓国のTPP加入を積極支持する構えだ。国家間の約束を守らないのに加え、農産物を無断で流出させ、自国産として平気で売るような国の加入を支持?

韓国産業通商資源部によると、カナダの通産長官が韓国のTPP加入申請時に支持する意向を示したという。ハンギョレ新聞が報じた。

カナダのメアリー・エング通産長官は17日、韓国のヨ・ハング通商交渉本部長とオンライン二者会談の席で「韓国は世界貿易機関(WTO)などで自由貿易と多国間体制に基づき緊密に協力してきたパートナー国家」だとして「韓国のCPTPP加入申請時に積極的に支持する」意志を表明したと韓国産業通商資源部が伝えた。

広告-以下に続く

韓国政府は、今年3~4月にCPTPPに加入申請することを目標に、国内世論の取りまとめおよび社会的議論を進行中だ。カナダは日本・オーストラリアなどと共にCPTPPの11の参加国の一つ。CPTPPに加入するには、既存の参加国全員の賛成を得なければならない。CPTPP参加国は、全世界の貿易の15%(2019年基準)を占める。英国(昨年2月)、中国(9月)、台湾(9月)、エクアドル(12月)がこの協定に公式に加入申請を出した状態だ。

ヨ・ハング本部長は「韓国はアジア太平洋地域の代表的な通商国家であり、産業・技術強国で、韓国の加入はCPTPPの領域内のサプライチェーンの強化にも寄与でき、これを通じてCPTPPがアジア太平洋地域を代表する『開放的で透明で包容的な通商プラットホーム』として発展できると期待する」と強調した。

]
広告-以下に続く

現在、韓国のほか、英国と中国、台湾が正式に申請。松野博一官房長官は昨年12月の記者会見で、台湾や英国のTPP加入を歓迎する一方、韓国については「「TPPは市場アクセスの面でも、電子商取引や知的財産、政府調達、国有企業などのルールの面でも高いレベルの内容となっている。新規加入に関するエコノミーがTPPの高いレベルを完全に満たす用意ができているか、まずはしっかりと見極める必要がある」と語った。

あなたの意見は?コメントを書く・見る
NewsMoreは、フェイクニュースメディアが報じない「真実」をお伝えするニュースブログです。SNSアカウントのフォローをお願いします。
@NewsMore
人気の記事