ホーム国際

韓国人教授、津波警報地図の「竹島」表記に抗議

By Will: : 6,727
あなたの意見は?コメントを書く・見る

太平洋のトンガ沖で海底火山が噴火し、気象庁は16日、津波警報を発令。情報を掲示した地図に日本の領土である竹島を表記した。これに対し、韓国の誠信(ソンシン)女子大学の徐ギョン徳(ソ・ギョンドク)教授は、気象庁に対し「領土挑発」と直ちに抗議した。中央日報が報じた。

徐ギョン徳教授は気象庁に「独島を韓国領土に表記せよ」という内容の抗議メールを送ったと17日、明らかにした。徐教授は電子メールで「独島は歴史的、地理的、国際法的に明白な大韓民国の領土なので、これは明白な『領土挑発』」と指摘して「独島を韓国領土に正しく修正した後、再びこのようなエラーを犯すな」と強調した。

広告-以下に続く

徐教授は「気象庁とヤフージャパンなどが提供する天気アプリではかなり前から独島を日本の領土に表記して問題になってきた」として「これは日本のインターネットユーザーに誤った認識を与えかねないため、粘り強い抗議を通じて必ず修正しなければならない」と話した。

あなたの意見は?コメントを書く・見る
NewsMoreは、フェイクニュースメディアが報じない「真実」をお伝えするニュースブログです。SNSアカウントのフォローをお願いします。
@NewsMore
人気の記事