ホーム国内

菅直人氏「ヒトラー想起」に、「立憲はナチス式敬礼事件を反省していない」の声

By Will: : 8,308
あなたの意見は?コメントを書く(タップ・クリック)

立憲民主党の菅直人元首相は21日、ツイッター上で、日本維新の会に関し「(ナチス・ドイツの)ヒトラーを思い起こす」と投稿。維新代表の松井一郎大阪市長は「誹謗中傷を超えて侮辱だ」と抗議し、橋下徹氏は「ヒトラーへ重ね合わす批判は国際的にはご法度」と反論した。

菅氏の投稿に、立憲は自党の議員が起こした「ナチス式敬礼」騒動を反省しているのか、との声がでている。

立憲の桜井周衆院議員は昨年10月、自身の支持者が演説会で、右手を胸元から右斜め上へと一斉に突き上げるポーズを披露した動画をツイッター上に投稿。

広告-以下に続く

J-CAST

10月15日、兵庫県伊丹市で行われた桜井氏の演説会。北野聡子宝塚市議のリードによって、会場にいた関係者たちは、右手を胸元から右斜め上へと一斉に突き上げた。16日、桜井議員がツイッター上で投稿した動画に映っていたシーンだ。

桜井氏の投稿後、ツイッター上では、この右手を右斜め上へと突き上げるポーズが、ナチス・ドイツ政権下でアドルフ・ヒトラー総統を称えるジェスチャー「ナチス式敬礼」に似ている、との指摘が相次いだ。

広告-以下に続く

桜井氏は18日夕までに当該のツイートを削除。ツイッター上で16日の投稿内容について「集会における不適切な行動」があったとして、「心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。

18日、J-CASTニュースが桜井周事務所の担当者に取材すると、

「(動画内のポーズが)『負の歴史』を彷彿させるものではないか、というご指摘をいただいた」 と説明。桜井氏が謝罪ツイートを投稿し、動画を削除したのは、支持者らのポーズが「ナチス式敬礼」と似ているという指摘を受けたためだと認めた。

菅氏は問題視される投稿を削除しておらず、釈明や謝罪の言葉も今のところでていない。(1月24日現在)

あなたの意見は?コメントを書く(タップ・クリック)
NewsMoreは、フェイクニュースメディアが報じない「真実」をお伝えするニュースブログです。SNSアカウントのフォローをお願いします。
@NewsMore
人気の記事