ホーム政治

菅直人氏「的外れな謝罪要求に応ずるつもりはない」維新の抗議に反発

By Will: : 9,672

SNSアカウントのフォローをお願いします。@NewsMore

日本維新の会は26日、立憲民主党に対し、菅直人元首相が維新を創設した橋下徹氏について「ヒトラーを思い起こす」などとSNS上で投稿したことを受けて抗議文を提出。だが、投稿した本人は「的外れな謝罪要求に応ずるつもりはない」と謝罪を拒否した。

菅氏は26日、ツイッター上で「「私の21日のツイッターに関し、維新から立憲の泉代表に抗議文が届けられた。ツイッターは党の指示ではなく私の一存で発した、私の感想を述べたもの。維新からは私には直接何も言ってきていない。私のツイッターに抗議するなら私にするべき。いずれにしても的外れな謝罪要求に応ずるつもりはない」と投稿。維新の姿勢を改めて非難した。

菅氏は前日にも、「私の発言は党から指示されての発言ではない。私自身の考えを述べたもの。抗議するなら私自身に対してすべきだ」と投稿している。

広告-以下に続く

立憲の議員らは菅氏を援護する姿勢を打ち出す。石垣のり子参院議員は同日、「麻生太郎氏の『ナチスを真似て』発言、石原慎太郎氏の「橋下徹氏は若い頃のヒトラー」発言と、菅直人氏の「維新はヒトラー」発言は性質が違います。麻生・石原氏は『ナチ』『ヒトラー』を褒め言葉として使い、菅直人氏は『許容できないもの』として利用しています。『国際的にNG』なのは明らかに前者」と投稿。

蓮舫参院議員も同日、菅氏を擁護する米山隆一衆院議員らのツイートを立て続けにリツイート。さらに「2012年6月、大阪維新の会代表の橋下氏は『今回の話は完全な白紙委任でヒトラーの全権委任法以上だ』と公然と政権批判をしていたことは、調べればすぐわかりますが、メディア報道が薄すぎます」とつづり、維新の過去の発言や、菅氏の発言に対するメディアの報じ方にも不快感を示した。

広告-以下に続く

一方、維新の松井一郎代表(大阪市長)は同日の記者会見で「立憲は公党のクオリティーとして人権に対し、どういう価値観を持っているのかはっきりしてもらいたい」とコメント。「立憲は人権尊重や性差別について非常に厳しい態度を取っている。菅氏の投稿は党として許される話なのか。党の代表である泉氏が態度を明らかにすべきだ」と迫った。

さらに、一部メディアの報道姿勢にも言及。沖縄県の米軍ヘリコプター離着陸帯移設工事の警備に当たっていた大阪府警の機動隊員が工事反対派に差別的な発言をした問題を例に、「職務はしっかりと頑張っており、かばったときは(府知事時代の自身も)散々たたかれた。今回は知らんふりでいいのか」と皮肉っぽく話した。

維新の藤田文武幹事長が立憲の党本部を訪れ、泉氏宛てに提出した抗議文には「菅氏の投稿は、言うまでもなく、まったく事実に基づかない妄言であり、誹謗(ひぼう)中傷を超えた侮辱と断じざるを得ない。国会議員としてはもとより、人として到底許されるものではない」とし、今月内に謝罪・撤回を求める内容になっている。

あなたの意見は?コメントを書く・見る
人気の記事