ホーム国内

山口二郎教授、石原氏を罵倒...自民・長島氏「最低のコメント」

By Will: : 10,106

SNSアカウントのフォローをお願いします。@NewsMore

左翼は、1日に死去した元東京都知事の石原慎太郎氏に対し、「差別主義者」とレッテル貼りし、中傷を繰り広げている。石原慎太郎氏は日本を愛し日本の為に尽力した愛国者だ。差別主義者ではない。

広告-以下に続く

法政大法学部教授の山口二郎氏がツイッター上に投稿した内容は左翼の人間性を表すもので、自民党の長島昭久衆院議員は「史上最低のコメントだ」と批判した。

デイリースポーツが報じた:

山口氏は1日午後に「石原慎太郎の訃報を聞いて、改めて、彼が女性や外国人など多くの人々を侮辱し、傷つけたことを腹立たしく思う。日本で公然とヘイトスピーチをまき散らしてよいと差別主義者たちを安心させたところに、彼の大罪がある。」とツイート。これに対して、「政治的な立場があっても礼節に重んじるものだからなぁ」と死去した直後の書き込みとして疑問する声が多く上がった。一方で、7000件以上の「いいね」もあった。

広告-以下に続く

このツイートに対して、自民党の長島昭久衆院議員が反応。「これは亡くなられた方に対する史上最低のコメントだ。こういうのこそヘイトスピーチと言うのではないか。弔意を示した上で『私たちと立場の違いはもちろんあったわけだが、今日言うのは控えたい』と述べた日本共産党志位和夫委員長のコメントの方が遥かに品がある」と批判した。

山口氏もこれを受け、さらに投稿。「長島昭久という政治家は、無節操だけでなく、無知のようだ。ヘイトスピーチを垂れ流した石原慎太郎への私の批判がヘイトスピーチとは聞いてあきれる。公共空間における公人の言葉遣いを真っ先に破壊したのが石原だった。その悪影響は今日ますます強まっている」と応じた。

社民党副党首の大椿裕子氏も石原氏を「レイシスト」呼ばわりし、批判を浴びた。だが、大椿氏は自身の投稿に対し、「事実を書いただけで『非難』と言われる」とツイッター上で反論。

不都合な事実を指摘された際、「差別だ」「ヘイトスピーチ」だと声を挙げる左翼がこのように反論するなんて驚きだ。

リアルライブが報じた:

大椿氏は1日にツイッターを更新し、同日の石原氏の死去のニュースを引用。その上で、「今後、追悼番組が放送されるだろうが、称賛で終わるのではなく、彼が撒き散らしたレイシズム、性差別、障害者差別等についても、なかったことにしないでもらいたい」と指摘した。

しかし、死去の当日のツイートにも関わらず、追悼の言葉が全く綴られていなかったことなどから、ツイートは炎上。大椿氏の元にツイッターから「お悔みすら言えないのか」「亡くなられた日に言うこと?」「最低」「政敵だと追悼もできないの?」「TPOくらいわきまえて」といった批判が殺到することに。ツイートは炎上状態となっている。

広告-以下に続く

その後も大椿氏は、ツイッターで自身への批判を引用した上で、「石原慎太郎さんに関しては、お元気な間に、ご自身がなされた外国人、女性、障害者、性的少数者等に対する差別発言の数々について、反省の言葉や謝罪の言葉が聞きたかった、それがなかったのは非常に残念だという気持ちを持っています」と説明。また、「差別発言を見過ごす方が、社民党の副党首として恥ずかしいし、党員からヤメロ!と言われると思います」と持論を展開した。

さらに、自身の発言が「石原氏を非難した」としてネットニュースに取り上げられると、大椿氏は「事実を書いただけで『非難』と言われる」とツイッターで言及。「だから差別発言が検証もされず放置される」と苦言を呈していた。

あなたの意見は?コメント欄を表示する