ホーム国際

また“遺憾砲”も、韓国は「残念」程度で解釈 専門家が指摘

By Will: : 4,123

SNSアカウントのフォローをお願いします。@NewsMore

日本政府は韓国や北朝鮮などに抗議する際に「遺憾」を頻繁に口にする。3日の日韓外相電話会談でもそうだった。日本政府が「佐渡島の金山」(新潟県)を世界文化遺産に登録するよう国連教育科学文化機関(ユネスコ)に推薦したことを受け、韓国の鄭義溶(チョン・ウィヨン)外相が「深い失望と抗議の意」「日本が表明してきた謝罪と反省の精神に逆行する動きを見せている」などと抗議。林芳正外相は反論したが、いつもの「遺憾砲」を炸裂(さくれつ)させた。

広告-以下に続く

一方、専門家によると、韓国では「遺憾」という言葉は「残念」程度で受け取られ、ほとんど効果がないという。

夕刊フジが報じた:朝鮮近現代史研究所所長の松木國俊氏は「韓国では『遺憾』は『残念だが、しぶしぶ認める』というニュアンスになるため、『遺憾砲』はまったく効果がない。林外相が、韓国による『反日』暴挙を具体的に列挙して、明確に『拒絶する』『認められない』などと言わなければ、日本側の怒り伝わらない。このままでは、戦前戦中の日韓の関わりが、すべて『強制』になりかねない。岸田政権は強硬な姿勢を見せるべきだ」と語った。

岸田外交は本当に生ぬるい。

広告-以下に続く

佐渡金山では先の戦前戦中、朝鮮半島出身労働者が日本人と同様の給与を受け取って働いていたとの史料が複数見つかっている。そもそも、佐渡金山の申請対象は「江戸時代まで」に限定されており、韓国の抗議は見当外れといえる。

韓国による数々の「反日」暴挙=別表=を考えれば、もっと強烈かつ具体的に反論すべきではないのか。

あなたの意見は?コメント欄を表示する