ホーム国際

韓国が「日本産の桜狩り運動」展開中 佐渡金山の世界遺産推薦受け

By Will: : 6,541

SNSアカウントのフォローをお願いします。@NewsMore

日本政府が「佐渡島の金山」を世界文化遺産候補として国連教育科学文化機関(ユネスコ)に推薦したことに、韓国は大きく反発した。

広告-以下に続く

韓国外務省は「佐渡金山は第二次世界大戦時に韓国人が強制労働の被害にあった現場だ」と遺憾の意を表明。韓国政府は登録阻止を目的に省庁横断型のタスクフォース(作業部会、TF)を設置した。

韓国内ではすでに抗議運動が起きていて、国内にある日本の桜を伐採する運動が展開中。

2050年までに、日本のソメイヨシノを伐採し、済州島に自生する「王桜」という品種の桜に植え替えるといい、このためだけに社団法人が設立された。

NEWSポストセブンが報じた:元朝日新聞ソウル特派員でジャーナリストの前川惠司氏が解説する。

広告-以下に続く

「韓国国内ではこれまでも日韓関係が悪化すると“日本式の石灯籠だから撤去しろ”といった日本色を追放する運動が起きてきました。桜を見るという習慣は日本の植民地下で持ち込まれたと一部から否定的に捉えられていたので、以前から小規模ながら植え替えの運動はありましたが、今回それがエスカレートする形になりそうです」

桜について日韓両国の間には浅からぬ由縁がある。100年以上にわたり韓国は日本のソメイヨシノについて「韓国起源説」を提唱していたが、2018年9月に遺伝子解析により否定されている。

「この件で韓国側は恥をかく形になったのですが、むしろ“それなら堂々と伐採できる”と今回の運動の追い風になっていくでしょう」(同前)

広告-以下に続く

はたして今回の運動はどこまで拡大するか。

「カギを握るのは3月の大統領選でしょう。現在は与野党候補が接戦を繰り広げていますが、以前から対日強硬論で知られる与党候補の李在明氏が大統領となれば運動がさらに熱を帯びる可能性もあります」(同前)

あなたの意見は?コメント欄を表示する