ホーム国内

テレビ朝日社長が辞任 会食・ゴルフなど経費の私的使用

By Will: : 3,627

SNSアカウントのフォローをお願いします。@NewsMore

テレビ朝日は10日、亀山慶二社長が辞任したと発表した。

広告-以下に続く

日刊スポーツが報じた:昨年8月以降、スポーツ局の社員・スタッフによる不祥事が連続して発覚したことについて、業務監査・検証委員会が調査した結果、スポーツ局統括でもある亀山氏とスポーツ局長との意思疎通の欠如、不適正な伝票処理による会社経費の私的利用などが発覚したとしている。

調査によると、亀山氏は社長に就任した2019年6月以降、スポーツイベントへの出席・営業活動のため、会社の費用負担で国内各地に出張していたが、業務との関連が認められない会食やゴルフの費用などを、業務上の関連があるかのように仮装し、会社の費用として経費の精算をしていたという。

広告-以下に続く

またスポーツ局統括の立場にあったが、スポーツ局長との意思疎通が欠如し、局内の指揮命令系統の混乱を招き、職場環境を悪化させる事態となったとしている。

亀山氏は「代表取締役社長としての業務執行において、業務監査・検証委員会から不適切な行動が指摘されました。すでに昨年暮れ、その責任を痛感し辞任の意向を申し出ておりましたが、このたびそれが取締役会で認められ、すべての役職を辞任いたします。職責を全うできず、テレビ朝日の役職員の皆様やステークホルダーの皆様に大変なご迷惑をおかけしたことを、衷心よりお詫び申し上げます」とコメントした。

あなたの意見は?コメント欄を表示する