LATEST

ホーム政治

立憲、「共産外し」を謝罪・撤回 一夜にして方針転換

By Will: : 7,967

SNSアカウントのフォローをお願いします。@NewsMore

立憲民主党は15日、立憲と日本維新の会、国民民主党で構成される国会対応の新たな枠組みに反発する共産党に対し、正式に謝罪した。立憲は維新、国民との新たな枠組みへの参加について「今は考えていない」とし、今後各党と個別に会談する方針だ。

広告-以下に続く

この新たな枠組みの第一回会合は14日、共産党とれいわ新選組抜きで行われた。共産党は自党が外されたこと、さらに立憲が維新を「野党としての協力対象」に位置付けたことに激怒。共産党の小池書記局長は同日の記者会見で「維新を野党として協力の対象とすれば、野党の立場が根幹から問われることになる」と協調。

「共産党は外されたと受け止めているか」との質問に対しては、「そういう扱いをすれば野党の立場は根本から問われる」と語った。

広告-以下に続く

共産党から反発の声が漏れた翌日、立憲は一転して方針転換した。

FNNが報じた:事態の収束に向け、立憲の馬淵国対委員長は共産党の穀田国対委員長と会談し、馬淵氏は「共産党を除く枠組みのあり方は誤りだった。疑念や不快な思いを抱かせたことは誠に申し訳ない」と共産の穀田国対委員長に正式に謝罪し、「共産外し」を撤回する方針を伝えた。

穀田氏は、記者団の取材に対し、「岸田政権の危険性に対する対決姿勢は野党として必要なので、維新を廃除するつもりはないが、『野党』として一緒に話し合いをするつもりはない」と述べ、維新が野党共闘の対象ではないことを改めて強調した。

一方の維新幹部は「本当に情けない。立憲の新旧執行部による内ゲバだが、詫びを入れたことで共産に頭が上がらなくなった」と立憲側を突き放した。

広告-以下に続く

立憲は新型コロナウイルス対策などで方針転換を繰り返す岸田文雄首相に対し「朝令暮改」と批判してきた。ある維新関係者は「立憲こそ朝令暮改だ。お家芸の『ブーメラン』が立憲に突き刺さった」と指摘する。

謝罪に追い込まれた馬淵氏は今後、共産を外した枠組みを続けるのか問われ、「いまは考えていない。今後は各党と個別に会談する」と述べるに留めている。

夏の参院選に向けて、共産党も含めた野党間での候補者調整に迫られていることが、立憲の方針転換の背景にありそうだ。

あなたの意見は?コメント欄を表示する