ホーム国際

テスラCEOマスク氏がヒトラー投稿、ユダヤ人団体は憤慨

By Will: : 7,688

米電気自動車(EV)大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が17日、SNS上の投稿でカナダのトルドー首相を「ヒトラー」に例えたことを巡り、米国のユダヤ人委員会はマスク氏に謝罪を求めた。

広告-以下に続く

共同通信が報じた:

カナダ国内で拡大したトラック運転手らによる新型コロナウイルス対策規制への抗議デモをめぐり、デモ資金用に寄付を集めていたとされる暗号資産(仮想通貨)の口座をトルドー政権が制裁対象にしたとの報道に、仮想通貨の普及を支援してきたマスク氏が反応。ヒトラーが「私をトルドー氏と比べるのはやめろ」などと述べているように見せる画像を投稿した。

米国ユダヤ人委員会は声明で「大量虐殺した独裁者になぞらえることが、自分が同意しない政策を批判する適切な方法だと考えているかもしれないが、決してそうではない」とマスク氏を非難し謝罪を求めている。

マスク氏は現在、ヒトラー投稿を削除済み。

日本でも、ヒトラーに例える投稿した首相経験者がいたね。彼は今でも投稿を削除せず、謝罪も述べていない。所属する政党のトップは問題視しないどころか、援護した。

あなたの意見は?コメント欄を表示する

SNSアカウントのフォローをお願いします。@NewsMore