ホーム国内

まん延防止延長、分科会内で賛否両論 尾身会長が明かす

By Will: : 6,696
画像:毎日新聞

政府分科会の尾身会長は18日、まん延防止等重点措置の延長について、分科会で2人の委員から反対意見があったことを明らかにした。

広告-以下に続く

FNNが報じた:

尾身会長:「17地域ですね、延長については、反対という意見がお2人ありました」

尾身会長はオミクロン株の病状について、インフルエンザと比べて肺炎などの発生頻度が高いか不明確であることから、重点措置の要件として「妥当ではないのではないか」とする意見があったことを明らかにした。

広告-以下に続く

ただ、変化が進行中であることなどから「インフルエンザと一緒に扱っているわけにはいかない」との議論もあり、「全体としては合意した」と説明した。

結果、分科会は大阪府などの17道府県の期間延長を内容とする政府案を了承した。

国内でいくら3回目のワクチン接種が進もうと、政府や分科会が新型コロナを過度に恐れる限り、コロナ規制は永遠に続く。日本はいつ新型コロナと共存する社会に入ることができるのだろうか。

あなたの意見は?コメント欄を表示する

SNSアカウントのフォローをお願いします。@NewsMore