ホーム国際

ロシア軍、条約違反のトンデモ兵器使用か

By Will: : 6,541

マルカロワ駐米ウクライナ大使によると、ロシアは28日にウクライナ侵攻で真空爆弾を使用したという。

広告-以下に続く

真空爆弾はュネーブ条約で禁止されている兵器の一つである。

米国防総省高官は28日、ウクライナ軍の抵抗により、首都キエフへの侵攻が進んでいない状況に不満を持つロシア軍が「一段と攻撃的になる恐れがある」との見方を示した。

国防総省高官によると、一部のロシア部隊が燃料切れなどを起こしているといい、「ロシアが戦略を見直した結果、キエフを標的とした作戦が一段と攻撃的になる恐れがある」と警告。

広告-以下に続く

ウクライナ人の国際政治学者、アンドリー・グレンコ氏も同様のことを危惧しており、ロシア軍が民間人を巻き込む無差別攻撃に踏み切る可能性あるとの見方を立てた。

駐米ウクライナ大使の発言が本当だとしたら、ロシア軍の攻撃がすでに一段と高くなり、グレンコ氏が懸念する事態が起きているかもしれない。

あなたの意見は?コメント欄を表示する

SNSアカウントのフォローをお願いします。@NewsMore