ホーム国際

プーチン氏、絶望的な終戦条件を提示 仏露首脳会談

By Will: : 7,285

ロシアのプーチン大統領が求める終戦の条件が明らかになった。

広告-以下に続く

プーチン氏は28日、フランスのマクロン大統領と電話会談。ロシア大統領府によると、プーチン氏は会談中、終戦の条件として、ウクライナの非軍事化とナチスからの開放を求めたほか、クリミア半島でのロシアの主権承認を西側諸国に要求した。

ウクライナ領土内での一連の軍事行動について、ロシア政府は侵攻当初から、ウクライナの「武装解除と非ナチ化」の目的が含まれていると説明。ウクライナ政権やネオナチ勢力が、ロシア系住民が住む地区を標的に「ジェノサイト」を行っていると喧伝する。

広告-以下に続く

28日、ベラルーシで両国の停戦交渉が行われたが、ウクライナのゼレンスキー大統領が求める交渉結果は得られなかった。(スプートニク通信)

先にゼレンスキー大統領は、交渉の鍵となる問題は即時停戦とウクライナ領からのロシア軍撤退であると表明していた。

ゼレンスキー大統領は交渉終了後に公開したビデオメッセージの中で、「交渉の第1ラウンドが行われたものの、我々が求めるような結果はまだ無い」と表明した。

ウクライナ政府は代表団の帰還後にロシアとの交渉結果を分析し、2回目の交渉に向けたアプローチを決定するという。

ゼレンスキー大統領によると、双方はそれぞれの立場を主張し、交渉は合意に至らなかったという。ただし、ウクライナ側はロシア側から「何かしらのシグナルを受け取った」模様。

なおウクライナ代表団の団長を務めた、ウクライナ大統領事務局のミハイル・ポドリャク大統領顧問によると、両国の交渉は難航したものの、最後通告を突きつけるような事態にはならなかったとのこと。

あなたの意見は?コメント欄を表示する

SNSアカウントのフォローをお願いします。@NewsMore