ホーム科学・医療

5~11歳の感染予防効果「大きく劣る」米衛生当局が公表 ファイザー製ワクチン

By Will: : 9,672

ニューヨーク州の衛生当局が新型コロナの変異株「オミクロン株」の流行時に実施した調査結果によると、5~11歳に対するファイザー製のコロナワクチンの感染予防効果は、他の年齢層に比べ大きく劣るという。

広告-以下に続く

調査ではファイザーのワクチン接種を2回完了したニューヨーク州の5~11歳と12~17歳について、それぞれ未接種者とデータを比較。12~17歳の感染予防効果は昨年12月中旬に66%だったが、今年1月下旬には51%に低下。一方、5~11歳は同じ期間の比較で68%から12%に大きく落ち込んだという。

日本国内の5~11歳を対象にした新型コロナのワクチンの接種は、令和4年3月から開始する予定。(自治体の準備状況によっては同年2月末から開始することもある)

あなたの意見は?コメント欄を表示する

SNSアカウントのフォローをお願いします。@NewsMore