ホーム国内

ウクライナ募集の外国人部隊に、日本人70人が応募

By Will: : 6,603

毎日新聞が1日、在日ウクライナ大使館関係者の話として報じた内容によると、ウクライナ政府が募集する外国人部隊に、約70人の日本人が志願しているという。

広告-以下に続く

ウクライナのゼレンスキー大統領は2月27日、ロシア軍との戦闘を目的とした志願者による外国人部隊を編成すると表明。在日ウクライナ大使館が同日、ツイッター上で「ボランティア」を条件に日本人の志願兵を募っていた。

大使館から募集業務を委託された東京都内の企業関係者によると、1日夜までに約70人の男性から志願の申し出があり、うち約50人は元自衛官だったという。かつてフランス外国人部隊に所属していた人も2人いた。

広告-以下に続く

志願の理由について、「日本にいても大して役に立たないが、何か役に立つことをしたい」などと「純粋な動機」を語る者が多かった、と大使館関係者は振り返る。

とはいえ、外務省は先月、ウクライナ全土の危険情報を最高度の「レベル4」(退避勧告)に引き上げている。林芳正外相は1日の記者会見で「在日ウクライナ大使館がそうした(義勇兵の)呼びかけをしていることは承知しているが、目的のいかんを問わず、同国への渡航はやめていただきたい」と強調した。

在日ウクライナ大使館も日本政府と調整の上でウクライナ国内に派遣するとしている。

あなたの意見は?コメント欄を表示する

SNSアカウントのフォローをお願いします。@NewsMore