ホーム国際

反中ブームに沸くウクライナ、現地の中国人による「日本人なりすまし」例も

By Will: : 6,138

ロシアの軍事侵攻が進むウクライナでは、反中感情が悪化しており、同国に滞在する中国人が日本人に成り済ますほどである。

広告-以下に続く

人民日報の28日の報道によると、ウクライナに滞在中の中国人留学生は検問所を通過する際、武装したウクライナ人兵士に「中国人か」と尋ねらたという。日本人と答えると何事もなく検問所を出れた、と留学生は人民日報に語った。

ロシアが侵攻した2月24日、中国大使館は現地の中国人に対し、ロシア、ウクライナ両軍からの攻撃を避けるため、車両で移動する際は目立つ位置に中国国旗を張るよう推奨していた。(時事通信)

ところが・・・

反米意識が高まる中国のインターネット交流サイト(SNS)では、中ロの対米共闘姿勢も影響し、ロシアを支持する一方で「ウクライナの美女を引き取ろう」などと同国をおとしめる書き込みが氾濫。ウクライナの対中感情が悪化した。中国大使館は2月26日の通知で、安全上のリスクが生じているとして、中国人と分かる物を掲示しないよう促した。

広告-以下に続く

范先栄大使は「ウクライナ人を刺激してはならない」と呼び掛ける文書を発表。「中国の対ウクライナ政策はずっと友好的だ。独立、主権、領土保全を尊重している」と説明した。中国政府は北大西洋条約機構(NATO)の拡大に反対するロシアに賛同しながら、ウクライナの領土保全を訴えるあいまいな立場で一貫する。

あなたの意見は?コメント欄を表示する

SNSアカウントのフォローをお願いします。@NewsMore