ホーム政治

蓮舫氏の長男が自民党に入党・自民党の大物フィクサーと養子縁組

By Will: : 3,627

3日発売の女性セブンの独占スクープによると、立憲民主党の蓮舫参議院議員の長男が自民党に入党したという。さらに驚くべきことに、この長男は自民党の大物フィクサーとして知られる人物と養子縁組を結んだ。

広告-以下に続く

永田町関係者が明かす。

「実は蓮舫さんの長男が、彼女の“宿敵”である自民党に入党届を出したのです。まだごく一部の関係者しか知らない話ですが、野党第一党の大物議員の子息が、自民党に入ること自体が異例中の異例。いったい何が起きているのかと、関係者が騒然となっています」

琳は1997年、蓮舫氏とジャーナリストの村田信之氏(2000年8月、離婚)との間に、双子の長男として生まれた。幼稚園から蓮舫氏と同じ青山学院に通い、高校は本人の希望でイギリスに4年間、留学した。

広告-以下に続く

その後、芸能界入りし「VOYZ BOY」という40人以上の男性アイドルグループのメンバーとして活動し、2019年7月には大泉洋主演のドラマ『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)で俳優デビューも果たしている。

そんな琳がなぜ自民党員になったのか。

昨年1月、蓮舫氏は参院予算委員会で、新型コロナ対応に苦慮する菅義偉首相(当時)に「あなたには首相としての自覚や責任感はあるんですか!」などと詰め寄り“礼を失している”と炎上した。誰よりも過剰な反応を見せたのが琳だった。

広告-以下に続く

自身のYouTubeのチャンネル(現在は削除)で琳は、こう発言して周囲を驚かせた。

《今日で、母親のことを気にして生きるのはやめたいと思います》

蓮舫氏の知人が語る。

続きを読む

あなたの意見は?コメント欄を表示する

SNSアカウントのフォローをお願いします。@NewsMore